イヤン速報

おもに2chVIPから「いやん」な書き込みを記事にしています。 相互RSSのほかリンクフリーです☆

    2013年01月

    • カテゴリ:

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 16:56:42.68
    ID:TWLb45Ls0
    クッソワロタwwwwwwwww

    【ジンバブエの国庫残高2万円wwwwwww】の続きを読む


    1 ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 2013/01/31(木) 18:49:19.22
    ID:hatena0
    ★河野談話見直し「総理が言うことは控える」 安倍首相

    ・安倍晋三首相は31日の衆院本会議で、従軍慰安婦に関する1993年の河野洋平官房長官談話に
     ついて、「政治・外交問題化させるべきではない。河野談話は当時の官房長官が表明したもので、
     総理である私がこれ以上申し上げることは差し控える。官房長官による対応が適当だ」と述べた。

     首相は「これまでの歴史で、多くの戦争があり、女性の人権が侵害されてきた。慰安婦問題についても、
     筆舌に尽くしがたい、つらい思いをされた方々のことを思うと非常に心が痛む。この点については、
     歴代総理と変わらない」と話した。

     河野談話は、旧日本軍による従軍慰安婦の強制性を認め、おわびと反省を表明したもの。首相は
     昨年9月の自民党総裁選の際、「河野談話によって強制的に軍が家に入り込み、女性を人さらいのように
     連れていって慰安婦にした、という不名誉を日本は背負っている」と指摘。河野談話を見直す考えを
     示していた。

     http://www.asahi.com/politics/update/0131/TKY201301310269.html

    【【政治】安倍首相「河野談話…これ以上総理である私が言うことは控える」「辛い思いされた慰安婦女性を思うと心痛む。歴代総理と同じ」】の続きを読む


    1 ◆ERINGI.ZLg @パリダカ筆頭固定φ ★ 2013/01/28(月) 21:14:17.59
    ID:hatena
    女性のスカートの中を盗撮したとして、警視庁東大和署警務課の巡査長(27)が昨年11月に東
    京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されていたことが28日、警視庁への取材で分かった。
    巡査長は同12月に略式起訴され、立川簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、即日納付。
    警視庁は今月25日付で減給100分の10(6カ月)の懲戒処分とし、巡査長は同日付で依願退職した。
    警視庁によると、「スカートの中を見てみたかった」と容疑を認めているという。

    警視庁によると、巡査長は昨年11月16日午後6時15分ごろ、東京都立川市曙町の多摩モノレ
    ール立川北駅のエスカレーターで、前に立っていた20代の女性のスカートの中を携帯電話の動画
    で盗撮したとされる。

    巡査長はホームで女性に問い詰められ、逃走。
    駅のトイレに入り、再びホームに戻ったところを女性に見つかり、通報で駆けつけた立川署員に取
    り押さえられた。
    動画はトイレに向かう途中で消去したという。

    ソース:産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130128/crm13012820510016-n1.htm

    関連スレ
    【事件】8歳女児のスカート内盗撮容疑 福岡県警巡査長を現行犯逮捕
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1359257390/

     

    【【事件】「スカートの中を見てみたかった」…警視庁巡査長が盗撮 トイレに逃げ込み動画消去 略式起訴され依願退職】の続きを読む

    • カテゴリ:

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 17:21:30.01
    ID:4lRd1MYh0
    ワロタ

    【プレイステーションオールスターつまんねwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 16:50:23.20
    ID:QfjXPOcG0
    小さいしCDみたいに傷や汚れに神経質にならないでいいし
    特に持ち歩いたり車内使用なら断然MDのほうが便利だと思うんだが

    【MDってなんで普及しなかったの?】の続きを読む

    このページのトップヘ