イヤン速報

おもに2chVIPから「いやん」な書き込みを記事にしています。 相互RSSのほかリンクフリーです☆

    【中国】


    1 ばーど ★ 2018/10/19(金)
    ID:CAP_USER9.net

     【北京・赤間清広】中国国家統計局が19日発表した7〜9月期の国内総生産(GDP)は、物価変動を除いた実質で前年同期比6.5%増だった。4〜6月期(6.7%増)から鈍化し、リーマン・ショックの影響で6.4%増まで成長率が落ち込んだ2009年1〜3月期以来の低水準にとどまった。成長率が前の四半期を下回るのは2四半期連続で、米国との貿易戦争に直面する中国経済の減速基調が鮮明になった。

     同日発表された1〜9月の経済指標によると、公共投資や企業の設備投資を反映した「固定資産投資」が前年同期比5.4%増(1〜6月期6.0%増)に落ち込んだ。地方政府の財政悪化で低迷するインフラ投資がなかなか上向かない。

     個人消費の動向を示す「社会消費品小売総額」も9.3%増(同9・4%増)にとどまった。インターネット通販は増加傾向が続いているものの、自動車やスマートフォンなどの買い控えが広がっている。工業生産は6.4%増(同6・7%増)だった。

     米中は7月以降、互いの輸入品に追加関税を課す制裁・報復措置を3度にわたり発動。中国からの対米輸出品の約半分に追加関税がかかる異常事態に陥っており、中国の輸出産業への影響や、消費者心理の冷え込みが懸念されている。トランプ米大統領は制裁対象をすべての中国製品に拡大する方針を打ち出しており、早期の事態収拾は見通せない状況だ。

     米企業が追加関税の発動前に中国製品を仕入れておこうと動いた結果、1〜9月のドルベースの輸出は12.2%増(同12.5%増)と好調を維持し、貿易戦争による国内経済への打撃を一定程度緩和する効果をもたらした。ただし、こうした駆け込み需要も徐々に剥落していく見通しで、「中国経済の減速基調は当面続く」(アナリスト)との見方が大勢だ。世界経済に中国経済の変調という新たな下振れリスクが加わった。

    毎日新聞2018年10月19日 11時01分(最終更新 10月19日 11時01分)
    https://mainichi.jp/articles/20181019/k00/00e/020/279000c
    22 名無しさん@1周年 2018/10/19(金)
    ID:TLekvGj/0.net

    6.5なんて何て羨ましい数字でせう
    55 名無しさん@1周年 2018/10/19(金)
    ID:SVjUIFcm0.net

    安倍になってからドルベースでGDP3割マイナスのジャップは黙ってたほうが良いんでない?w
    64 名無しさん@1周年 2018/10/19(金)
    ID:lbr/ZKwY0.net

    72の法則
    72÷6,5=約11
    GDPが2倍になるのは、11年かかる。

    習近平が主席になったのは、2013年。
    2013+11=2024
    習近平が力を入れている2025年には、間に合うだろうねwww

          
    【【中国】中国GDP、6.5%増 減速基調鮮明に [7〜9月速報値] 】の続きを読む


    1 フラのベランダー ★ 2018/10/11(木)
    ID:CAP_USER9.net

    https://www.youtube.com/watch?v= r0TPfIlh4us



    退役後の待遇改善を求める退役軍人デモが中国で多発する中、山東省平度(へいど)市では大規模デモが続いています。
    10月8日、中国全土から現地に続々と集まる退役軍人を鎮圧するため、当局は鎮圧部隊を増員しています。
    26 名無しさん@1周年 2018/10/11(木)
    ID:lK+Dz7/20.net

    年金問題か
    【【中国】鎮圧部隊増派 退役軍人デモがさらに激化 】の続きを読む


    1 ニライカナイφ ★ 2018/10/08(月)
    ID:CAP_USER9.net

    習近平独裁下の中国で、ウイグル・チベットなどの少数民族や、キリスト教徒らへの弾圧が苛烈さを増している。
    そんな中、新疆ウイグル自治区にある空港に、謎の通行標識が出現した。

    これは一体、何を意味しているのか。
    ジャーナリストの野村旗守氏がレポートする。

    昨秋、シルクロードの要衝として知られる中国最西端の都市、ウイグル自治区カシュガルの空港に出現した通行標識がある。
    「特殊旅客、人体器官運輸通道」

    簡体字とアラビア文字でそう書いてある。
    「特殊旅客」が外交官や共産党幹部、国賓待遇の外国要人などを指すのは勿論だが、「人体器官」とは一体何か?

    これは即ち、人間の臓器のことである。
    要は、「ここは大至急運び出さなければならない切りたての移植用臓器が通る通路だから一般人は並ぶな!」と言っているのだ。

    この写真が出回った当初、その表示があまりにもあからさま過ぎるため、「フェイクではないか」と真贋を問う声も多かった。
    しかし、その後今年1月、カシュガルの空港に降り立った日本人が間違いなく本物であることを確認し、写真に収めてきた。

    ウイグル民族に対する中国共産党政権の迫害が、逐日、苛烈の度を増している。
    昨年から、ウイグル自治区の学校ではウイグル語教育が、家庭ではコーランやイスラムの祭事が、モスクでは18歳以下の出入りが……等々と、様々な場面で宗教、伝統、文化の継承に露骨な制約が設けられている。

    空港に「人体器官」の標識が現れる以前の昨春頃からは、「全民検診」と称する無償の「健康診断」が中国当局により開始された。
    12歳から65歳までの全住民を対象に血液を採集し、血液型やDNAデータを調べる他、指紋、眼の虹彩などの生体データを収集しはじめたのである。

    昨年12月に集計された国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(本部・米ニューヨーク)の調査によれば、収集されたウイグル人の生体データは約1900万人にも及ぶ。  
    またウイグル民族のみならず、チベットその他少数民族のなかの独立派、民主化勢力などの反体制派、その他拘束された気功集団・法輪功の信徒やキリスト教徒など、中国共産党の方針に従順でないと看做されたコミュニティーに属する人々に関し、既に総数4000万人に及ぶ個人データベースが構築されてもいる。

    血液型やDNAデータは臓器移植に欠かせないアイテムだ。
    検診を拒めば様々な嫌がらせや不利益が予想されたというが、この巨大データベース構築の狙いは一体、何なのか。

    ◆悪魔のようなビジネスモデル

    2015年、中国は死刑囚からの臓器摘出を撤廃し、ドナー登録制度による自主的な臓器提供に完全移行したと声明を出したが、ニューヨークに本部を置く「中国臓器収奪リサーチセンター」が発表した2018年版最新報告書は、これがまったくの虚偽であったことを詳細に伝えている。
    同センターによれば、中国にも臓器提供のドナー登録制度はあるが有名無実であり、実際にはほとんど機能していない。

    2017年6月までに実施された電話による覆面調査に対し、移植手術を行うほとんどの病院はドナー登録機関とは何ら接触していないと回答した。
    「2020年に米国を抜いて世界一の移植大国になる」(黄潔夫・中国衛生部元副部長)という中国の臓器源が、公式のドナー制度の上にないことは確実だ。

    中国における臓器移植手術は2000年を境に激増してゆくのだが、これは間違いなくその前年に法輪功に対する大弾圧が断行されたことに起因している。
    1999年4月、天津の法輪功信徒不当逮捕事件に抗議したメンバー約1万人が北京に上り無言で中南海を取り囲んだ。

    所謂「中南海事件」だが、この頃には法輪功の信徒は既に7000万人を超え、中国共産党をも凌ぐほどに巨大化しようとしていた。
    これを脅威と感じた当時の中国共産党トップ、江沢民は殲滅指令を発し、全国各地で法輪功の信徒狩りが繰り広げられたのだった。

    正確な数は未だ判っていないが、この時逮捕された信徒は「少なくとも100万人以上、収容所に隔離された者は数十万人に上る」と推定されている。
    拘束された法輪功信徒らを収容する各地の労改(労働改造所)や刑務所が、世界最大規模に拡大した中国移植医療の臓器提供源であると指摘されて久しい。

    ※続きはソースでご覧ください。
    https://www.news-postseven.com/archives/20181006_754699.html?PAGE=1#container

    ★1:2018/10/07(日) 08:09:06.79
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538905405/
    38 名無しさん@1周年 2018/10/08(月)
    ID:hcUQ5WBg0.net

    【中国】ウイグル人を大虐殺!

    (日本ウイグル連盟会長、トゥール・ムハメット)

    「データによるとウイグル人は3000万人超えてるが半分が中国の強制収容所に収監されてると思う。賑やかだった町にウイグル人がいなくなってる。
    村は男性が消え、中国人幹部が女性達の家で強姦したり、赤ちゃんが川に流されたりと想像出来ないような悲劇がウイグル人に起きてる」
    元画像URL:https://i.imgur.com/TOgihII.jpg:

    no title


    元画像URL:https://i.imgur.com/VhDJanS.jpg:

    no title



    「ウイグルの言葉は禁止と中国が通達したきた。
    人口3000万人を超えるウイグル人の言葉はウイグル自治区では使用禁止となり喋ると犯罪者となり逮捕されてしまう…」
    元画像URL:https://i.imgur.com/QjkYO5U.jpg:

    no title



    「何人ものウイグルのイスラム教主導者が中国政府の拷問で死んでる。
    21世紀に中国が人口3000万超えの民族に民族浄化をしてる。
    中国は完璧なファシスト国家。ナチスがやった以上の虐殺が今中国で行われてる」


    「ウイグル人や法輪功の臓器売買する中国は国際社会で大問題になってる。
    ウイグルの空港に臓器専用通路があるということは中国が国家ぐるみでウイグル人の臓器売買してる証拠。
    ウイグル人1人殺すと300万元(約3千万円)とも言われてる。腎臓売買の為に殺してると思う。国家ぐるみの犯罪」
    元画像URL:https://i.imgur.com/nZg1jPe.jpg:

    no title



    「安倍総理はウイグル問題に詳しい。
    ウイグル議連を作ったのは安倍総理だし、ウイグル人の学者が中国で刑務所に入れられた時に胡錦涛に『家族が日本に居るから釈放し日本に返せ!』と訴えてくれた立派な政治家。」

    http://mynewstube.xsrv.jp/controversialist/2018/10/01/%E7%94%BB%E8%B3%AA%E8%89%AF%E5%8C%96%E7%89%88%E3%80%90dhc%E3%80%919-19%E6%B0%B4-%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%92%8C%E5%BD%A6x%E8%97%A4%E4%BA%95%E5%8E%B3%E5%96%9Cx%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB/
    51 名無しさん@1周年 2018/10/08(月)
    ID:nIVbc93C0.net

    とっとと禁止しろ。人類滅亡が加速してからじゃ遅いぞ
    60 名無しさん@1周年 2018/10/08(月)
    ID:yIn25ux+0.net

    ちなみに産経新聞は追い出され気味です。
    【【中国】「臓器狩り」の証拠を弾圧下のウイグル自治区で発見 】の続きを読む


    1 ニライカナイφ ★ 2018/10/08(月)
    ID:CAP_USER9.net

    ZOZO前澤友作社長の民間人初となる月旅行が話題を集める中、中国の宇宙ステーションがまたもや落下の危機だ。
    中国載人航天工程弁公室は、2016年9月に打ち上げられた宇宙ステーション「天宮2号」を、19年7月に「制御された状態で軌道から外し、地球に戻す」計画を立てていると発表した。

    長さ10.4メートル、幅4.2メートル、重さ8,600キロというこの宇宙ステーションは、「中期宇宙滞在と燃料補給のためのシステムおよびプロセスの実験」(同弁公室)のために使用されている。
    16年の打ち上げ後には、2人の宇宙飛行士が1カ月間滞在した。

    しかし最近、それまでの軌道をそれて、95キロほど地球に近づいたことが観測された。
    その後、元の軌道に戻ったものの、トラブルの原因はわかっていない。

    同国国営メディアは同弁公室の見解として「天宮2号は2年間の任務を果たし、すべての装置は良好な状態にある」と伝えているが……。
    中国には“前科”がある。

    今年4月、同国初の宇宙ステーション「天宮1号」が打ち上げから5年で軌道からそれ、制御不能な状態で南太平洋上に落下したのだ。
    当初は「軌道から外れても制御可能」としていたが、最終的には落下地点を事前に特定することは不可能だった。
    幸運にも無人の洋上に落下したため人的被害こそ出なかったものの、毒性の強いロケット燃料であるヒドラジンが流出したとみられ、環境への悪影響も危惧されている。

    そして天宮2号同様、1号が制御不能に陥った理由についても、いまだ明らかになっていない。
    このところ中国は、宇宙開発に力を注いでいる。18年末までには月のダークサイド(裏側)を探索する探査機を送るとしており、20年までには中国初の火星探査用装置の打ち上げが計画されている。また、22年には天宮3号の打ち上げも決まっている。そして中国が目指すのは、30年頃までに宇宙事業で世界の首位に立つことである。

    そんな拙速な中国の宇宙開発では、安全がおざなりにされているという指摘もある。
    天宮2号が制御不能に陥っても、大きな被害が出なければよいのだが……。

    写真:1号に続き、落下危機にある天宮2号
    元画像URL:http://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2018/10/A959BDFE-AE3D-4F1B-9C47-9E07806D5F8A-879x485-400x220.jpg:

    no title



    http://www.cyzo.com/2018/10/post_177614_entry.html
    2 名無しさん@1周年 2018/10/08(月)
    ID:4vKTijC40.net

    これが中国クオリティー
    3 名無しさん@1周年 2018/10/08(月)
    ID:c4TxEtSr0.net

    1号は結局何処に落ちたの?
    47 名無しさん@1周年 2018/10/08(月)
    ID:5iwITgQP0.net

    >>3
    南米近くの海
    【【中国】宇宙ステーション天宮1号に続き、今度は2号が来年7月に落下 】の続きを読む


    1 ニライカナイφ ★ 2018/10/07(日)
    ID:CAP_USER9.net

    習近平独裁下の中国で、ウイグル・チベットなどの少数民族や、キリスト教徒らへの弾圧が苛烈さを増している。
    そんな中、新疆ウイグル自治区にある空港に、謎の通行標識が出現した。

    これは一体、何を意味しているのか。
    ジャーナリストの野村旗守氏がレポートする。

    昨秋、シルクロードの要衝として知られる中国最西端の都市、ウイグル自治区カシュガルの空港に出現した通行標識がある。
    「特殊旅客、人体器官運輸通道」

    簡体字とアラビア文字でそう書いてある。
    「特殊旅客」が外交官や共産党幹部、国賓待遇の外国要人などを指すのは勿論だが、「人体器官」とは一体何か?

    これは即ち、人間の臓器のことである。
    要は、「ここは大至急運び出さなければならない切りたての移植用臓器が通る通路だから一般人は並ぶな!」と言っているのだ。

    この写真が出回った当初、その表示があまりにもあからさま過ぎるため、「フェイクではないか」と真贋を問う声も多かった。
    しかし、その後今年1月、カシュガルの空港に降り立った日本人が間違いなく本物であることを確認し、写真に収めてきた。

    ウイグル民族に対する中国共産党政権の迫害が、逐日、苛烈の度を増している。
    昨年から、ウイグル自治区の学校ではウイグル語教育が、家庭ではコーランやイスラムの祭事が、モスクでは18歳以下の出入りが……等々と、様々な場面で宗教、伝統、文化の継承に露骨な制約が設けられている。

    空港に「人体器官」の標識が現れる以前の昨春頃からは、「全民検診」と称する無償の「健康診断」が中国当局により開始された。
    12歳から65歳までの全住民を対象に血液を採集し、血液型やDNAデータを調べる他、指紋、眼の虹彩などの生体データを収集しはじめたのである。

    昨年12月に集計された国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(本部・米ニューヨーク)の調査によれば、収集されたウイグル人の生体データは約1900万人にも及ぶ。  
    またウイグル民族のみならず、チベットその他少数民族のなかの独立派、民主化勢力などの反体制派、その他拘束された気功集団・法輪功の信徒やキリスト教徒など、中国共産党の方針に従順でないと看做されたコミュニティーに属する人々に関し、既に総数4000万人に及ぶ個人データベースが構築されてもいる。

    血液型やDNAデータは臓器移植に欠かせないアイテムだ。
    検診を拒めば様々な嫌がらせや不利益が予想されたというが、この巨大データベース構築の狙いは一体、何なのか。

    ◆悪魔のようなビジネスモデル

    2015年、中国は死刑囚からの臓器摘出を撤廃し、ドナー登録制度による自主的な臓器提供に完全移行したと声明を出したが、ニューヨークに本部を置く「中国臓器収奪リサーチセンター」が発表した2018年版最新報告書は、これがまったくの虚偽であったことを詳細に伝えている。
    同センターによれば、中国にも臓器提供のドナー登録制度はあるが有名無実であり、実際にはほとんど機能していない。

    2017年6月までに実施された電話による覆面調査に対し、移植手術を行うほとんどの病院はドナー登録機関とは何ら接触していないと回答した。
    「2020年に米国を抜いて世界一の移植大国になる」(黄潔夫・中国衛生部元副部長)という中国の臓器源が、公式のドナー制度の上にないことは確実だ。

    中国における臓器移植手術は2000年を境に激増してゆくのだが、これは間違いなくその前年に法輪功に対する大弾圧が断行されたことに起因している。
    1999年4月、天津の法輪功信徒不当逮捕事件に抗議したメンバー約1万人が北京に上り無言で中南海を取り囲んだ。

    所謂「中南海事件」だが、この頃には法輪功の信徒は既に7000万人を超え、中国共産党をも凌ぐほどに巨大化しようとしていた。
    これを脅威と感じた当時の中国共産党トップ、江沢民は殲滅指令を発し、全国各地で法輪功の信徒狩りが繰り広げられたのだった。
    正確な数は未だ判っていないが、この時逮捕された信徒は「少なくとも100万人以上、収容所に隔離された者は数十万人に上る」と推定されている。

    拘束された法輪功信徒らを収容する各地の労改(労働改造所)や刑務所が、世界最大規模に拡大した中国移植医療の臓器提供源であると指摘されて久しい。
    専門家によれば、摘出した心臓、肺臓、肝臓、腎臓などの臓器を国内外の富裕層らに移し替える移植手術は年間数万から十数万件にも上り、現在、1兆円規模の莫大な収益を産み出す一大産業に成長した。

    ※続きはソースでご覧ください。
    https://www.news-postseven.com/archives/20181006_754699.html?PAGE=1#container
    316 名無しさん@1周年 2018/10/07(日)
    ID:4MC4Nbcs0.net

    >>1
    やっぱQRコード使ってこういう管理も
    してたんだな
    【【中国】「臓器狩り」の証拠を弾圧下のウイグル自治区で発見 】の続きを読む

    このページのトップヘ