イヤン速報

おもに2chVIPから「いやん」な書き込みを記事にしています。 相互RSSのほかリンクフリーです☆

【経済】

【モバイル】"ガラケーに似たスマホ"、各社が相次ぎ投入[05/20]


1 ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/20(月) 09:28:00.06
ID:hatena
スマートフォンより従来の携帯電話のほうが通話やメールなどは使いやすいという声も
根強いことから、携帯電話各社は従来の端末と同じような操作で通話できるスマート
フォンを相次いで投入しています。

NTTドコモは、画面のデザインをあえて従来の携帯電話に近づけ、電話やメールなどの
基本的な機能を大きく表示するスマートフォンを来月から発売します。

この端末は、着信や発信の履歴もワンタッチで表示できるようになっていて、
従来の携帯電話を使い慣れた人でも、違和感なく使えるように工夫されています。

ドコモの担当者は「操作性の違いからスマートフォンへの切り替えをためらう人でも
使いやすいように開発した」と話しています。

KDDIも従来の携帯電話と似た感覚で操作できるスマートフォンを近く発売するほか、
ソフトバンクモバイルは、高齢者でも簡単に操作できるよう工夫したスマートフォンを
今月発売しました。

携帯電話各社は従来の携帯電話の販売を縮小しており、こうした新しい端末を投入する
ことで、従来の携帯電話のほうが使いやすいという消費者に対しても、スマートフォンの
利用を促していきたいとしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130520/K10046911011_1305200542_1305200549_01.jpg
pict























◎http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130520/t10014691101000.html

続きを読む

【金融】長期金利上昇が再び急ピッチに、「円債離れ」警戒の声も[13/05/10]


1 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/05/11(土) 21:01:21.82
ID:hatena
長期金利の上昇ピッチが再び急になってきた。円相場急落や株上昇で保有資産に含み益が
生じ、一方で国債価格の下落を警戒する動きが出ているという。黒田・日銀の金融緩和後の
心理的なトラウマが残る円債市場では、投資家の「円債離れ」から中長期的な金利上昇を
警戒する声も出ている。

円債市場では午後に入って先物相場が急落した。10年物の先物取引は、中心限月6月限が
前日終値より1円安となり、東京証券取引所はサーキットブレーカー制度を発動、午後零時
39分から10分間、取引を一時停止した。

その間、日本相互証券の現物10年物に金利上昇の圧力がかかり、新発10年物は一時
0.700%と、2月25日以来の高水準まで売られた。「午前中は円安、株高の中でも
ゆうちょ銀行や地方筋の買いが入っていた。だが、午後に相場がじりじりと下がり始める
と『売りが売りを呼ぶ展開』になり、歯止めがかからなくなった」と、ある外資系金融機関
の債券ディーラーは言う。

別の国内証券の関係者は「相場下落で金利リスクを抑制しようと一部銀行からとみられる
中期ゾーンでの払い(現物国債の売りに相当)が出た。これが下げ足を速めるきっかけに
なったのではないか」と指摘する。

円安、株高の中での金利上昇。みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは
「緩和前より(相場が下がったら買いを入れる)『押し目買い』の入りが弱まってきた」と
指摘する。株価上昇に伴う含み益の増加で、円債を購入することであえて金利リスクを取る
必要性がなくなってきたためだ。

また、ひと頃よりは市場機能が回復してきたとはいえ、「心理的なトラウマは払しょく
できていない」(前出の上野氏)ことも、相場を不安定化させる一因となっている。「
金利形成の物差しを失った今、日銀のオペ動向だけに一喜一憂する展開が続いている」と、
別の関係者は話す。

JPモルガン証券の山脇貴史チーフ債券ストラテジストは、足元の状況について「日銀の
国債大量購入でセカンダリーの流動性が著しく低下し、ちょっとした売りで相場が不安定化
しやすい」と指摘。その上で「そうした状況を嫌気し、投資家の国債離れが進み、中長期的
には金利上昇を招く可能性もある」との見方を示した。

ソース:Reuters
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPTYE94903I20130510

(つづく)

続きを読む

【経済】TPP、ニュージーランド承認の見通し立たず 「関税撤廃の例外認めない」[13/04/17]

//www.youtube.com/watch?v= HLVKAalmD48HLVKAalmD48&feature=youtu.beamp;amp;feature=youtu.be











続きを読む

【モバイル】ノキア、従来型携帯で復活 超低価格の新製品を大量投入[13/05/04]


1 のーみそとろとろφ ★ 2013/05/04(土) 10:18:35.08
ID:hatena
 スマートフォン(高機能携帯電話)市場で
アップルやグーグルに大きく水をあけられているフィンランドの携帯電話大手ノキアが、
機能を絞り込んだ携帯電話を超低価格で販売する戦略に軸足を移し、復活を図っている。

 ノキアはインドや中国など新興国の携帯端末市場に従来型携帯の新製品「ノキア105」を大量投入。
同製品はストレート型でスマホに比べ機能は限定されるとはいっても、
カラー液晶画面でプリインストールのゲーム、ラジオが楽しめ、防塵・防水のうえ非常時に懐中電灯としても使える。
メールで健康アドバイスが受けられるのがセールスポイントという。

 ノキア105の価格は20ドル(約1960円)。スマホ製品はだいたい500ドル以上で販売されており、
それに比べれば超低価格といえる。アップルの「iPhone(アイフォーン)」の価格を97%下回る設定だ。

 ノキアは同製品を浸透させることで同社ブランドの知名度確立を目指しており、
かつて圧倒的なシェアを維持していた従来型携帯市場での巻き返しを図る構え。欧州域でも間もなく発売の予定という。

 ノキア105は同社史上最も安価な携帯電話であるにもかかわらず、
同社の社運を担う重要な製品と位置づけられている。
従来型携帯の売り上げが下落傾向にあるなか、廉価機種の投入が失敗に終われば、
アイフォーンやグーグルのアンドロイド製品に挑戦するための資金源の枯渇を招くことになる。

 ノキアが4月18日に発表した1~3月期決算によると、従来型携帯の販売台数が前年同期比21%減の5580万台にとどまった。
携帯全体の販売台数は、アナリスト予想を1100万台下回った。
ノキアの12年の携帯の販売台数は3億3600万台。このうちスマホが占める割合は1割ほどで、
従来型携帯は利益の31%を占める。

 ノキアはかつて携帯市場でおよそ50%のシェアを占めていた。
2007年にアップルがアイフォーンを投入して以降、ノキアの株価は80%以上下落した。
同期間にサムスン電子の株価は154%上がり、アップルは4倍に上がっている。

 アイフォーン、アンドロイド端末の需要拡大でスマホ市場は急成長を遂げたが、
その一方で、世界の携帯端末市場全体では、いまだに従来型携帯電話の販売台数が半分以上を占める。
つまり従来型携帯市場でも今後、多大な利益を得られる可能性があるとみられる。(ブルームバーグ Adam Ewing)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130504/bsj1305040710000-n1.htm
フィンランド・エスポーのノキア本社。同社は機能を絞り込んだ従来型携帯電話の新製品で、
スマホ全盛の携帯市場での復活をめざしている(ブルームバーグ)
http://www.sankeibiz.jp/images/news/130504/bsj1305040710000-p1.jpg
pict






















NOKIA 105
http://www.nokia.com/global/products/phone/105/

http://i.nokia.com/r/image/view/-/2163436/highRes/5/-/Nokia-105-jpg.jpg
pict






















続きを読む

【経済】TPP、ニュージーランド承認の見通し立たず 「関税撤廃の例外認めない」[13/04/17]

//www.youtube.com/watch?v= HLVKAalmD48HLVKAalmD48&feature=youtu.beamp;amp;feature=youtu.be











続きを読む
管理人へ連絡
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ